スポンサーサイト

0
    • 2015.05.02 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    いのり祈る

    0
      日々紙…といいながら、ぜんぜん紙じゃないじゃないか!という日々をおくっていますが、せっかく集めた紙類をひっぱりだして飾るようになりました。


      引越し先が(隣のへや)壁だらけだからね。


      きのうの模型も紙だよ。








      最近ずっとガラスのうつわに入れて飾っているのは、こちら。
      埼玉スーパーアリーナのアンティークフェアで、買い求めたもの。



      手書きもじ。

      わからん…




      キリストなのかな?
      あってるかな?

      キリスト教徒ではないのですが、こういったのによわい。






      銀座の福音館書店でかいました。



      いのり〜〜〜♪










      木製ミショー

      0
        あんまりに好きなものに手をつけることができないで、かんたんに3・4年経ってしまいます…。

        先日紹介していただいた方がジオラマや、プラモデル、カメラの趣味を持っていたきっかけで、ついに〜!

        ついにぃ〜!







        ひゃあああああ!!!




        自転車の模型を作り出しました。


        かっこよすぎて作れない…

        を3年程過ごしてやっと踏ん切りがついたのがいまです。







        まずこの状態がかっこぅいいのですよね。
        プラモデルの何がいいって、この状態の美しさですが、男の子の遊びを自分に許すまでに30年かかったのん。



        できれば色を塗るところから始めたい、と思うのですが、ここは深いので踏みとどまっています。







        なみだ。








        溜息。




        このまままた、影を楽しむっていうところで止まりそうなので、出来上がるまでに時間がかかりそう。



        ゆーーーーくり作っています。






        [倉敷意匠計画室×エアロベース 木製ミショー1864年型]


        箱の中のおもさ

        0



          はこ。


          昔から箱の収集癖があって、珈琲屋さんに勤めていた時にはベーコンの箱を取り置いてもらっていたりした。

          印字とひらたさがかわいかった。



          箱は収集すると、とてもかさばって、最後にはなくなくの決断が必要になってくるから、仕事場からは持ち帰らない、をいつからか決まりにしていたのだけど、久しぶりにおもいだして、持って帰って来てしまった。


          なにも入らない箱のかさばること。



          なにも買っていない大きな袋のかるいこと。




          かさねると、ちょうど出していたノートの文字と合った。






          顔の中のあな

          0



            アナログなわたしの手にあるハイテクなあいてむiPhoneさん。

            にあわないですね…、も4ヶ月過ぎるとこのふらっとでなめらかな本体がお気に入りの琺瑯にみえてきて、愛着がまします。


            ずっと気になっていたAIUEOの蒔絵シール。アップルまーくの葉をあたまから出したらよけいに愛くるしい。


            このキャラクターは顔のなかがすべて穴なのが、かわいいです。

            すべてはあな。





            激かわ。














            不思議の国のアリスさん

            0
              最近、訳あってDisneyの世界を勉強している。勉強、というのは、望んでいない、という意味も含んでいる。

              望んでいれば、「Disneyを見ている」の一言で済むのに。



              きのう観たのは不思議の国のアリスさん。ずいぶん前に100円均一のお店でDVDを見つけて購入したもので、なにやら韓国やら中国語のもじ踊るあやしいもの。いやいや、韓国や中国だからってなにがあやしいんだ。


              ほんものを観ていないのでその懐かしめの色とラインに「あら、わたし好み?」、と思ったのだが、友だちに確認するとどうやらほんとうに偽物の中のニセもの。






              !!???????




              とってもこわいDisney。

              液体のシーンが常にこのような重さを感じるしぶきで、涙さえこわいものに。





              とってもかわいい牡蠣くんに愛着が湧いたのち直ぐに食べられ時にははげしいショックが・・・・・。

              チャーリーとチョコレート工場を何も知らずに観た時のショックに似ていた。


              Disneyとは、夢とは。
              ただのメルヘンではないんだな、を知っていくことで興味がわいていくDisneyの世界。





              わたし好みの3大アリスキャラ。
              牡蠣クン、モメラス、パンの蝶々。





              店の生地の中から見つけたときの感動。
              その人を知って初めてわく愛情。
              知らないと知るのあいだ。










              額装

              0



                部屋とおなじく、あむすてるだむも放ったらかしにしていて、ようやくこの度額装した。


                額を1つ購入すると、奇跡のぴったりに驚いて2つないといやになって、2つ買っても奇跡のぴったりが5mm程切らなくてはいけないことに気づくとまた放ったらかして、のるーぷ。


                紙のふちは、切りたくないものである。

                本からバラバラになった1枚だから、糸から離された側のもよもよ感を切ることなんてできないし、(本気でむり)反対側の茶けたふちを切るのも惜しい。


                なんとか、押し込んで挿入。


                写真屋さんに、2度同じものを買いに行ったので、「どうでしたか?」ととわれた。

                「実はまだ入れてないんです。2こ並べたくて…。」

                というと思いのほかぱあっとなって、

                「そうですね!」

                (同感です!)という雰囲気になり、

                「写真ですか?」

                の問いには

                「写真ではなく古い印刷物を…(すみません)」

                ととことん相手の言葉を否定するようなかたちになり焦るけれども、その方はまた同感した様子で、蚤の市にいきたいオレの話をかたりだした。



                出会いってな。






                お花はおともだちが生地を切るところから作ったダリア。額にあわせたらすごく相性よくてはっぴい。

                じょじょに好きなものに囲まれてねたい。













                もやしとルーシー

                0




                  お花見に行った。
                  はる


                  犬や猫を猫っ可愛がりはできないけれど、鳥ならできる、かも。
                  かも




                  ずいぶん気にして見ていた白鳥をとんと見てなくて、どうしたかな?とおもう。

                  自分が川に出向いてないせいだけど、いってないから居るのか居ないのかもわからない。


                  ルーシーリーの首の長い器を、スワンネックって呼ぶんだって、初めて知った。


                  どう、そう。
                  わたしはその白鳥を「もやし」って呼んでた。



                  ルーシーリーをみて、もやしを思い出した。




























                  あむすてるだむ!

                  0



                    がいこくがぜんぜん分かりません。

                    がいこくなんて、行かないから知る必要ないっておもっていて、九寨溝ぐらいしか分かりませんほんとうです。



                    Amsterdamって何、て調べるくらいなのに、ただただ惹かれて手にしてしまうと、ここがなんだか目的地のようになって、とたんに興味がわいてしまう。


                    この紙は埼玉スーパーアリーナのアンティークフェアで買ったもので、合わせて4つ写真がついてて全部おらんだ。


                    とくにこの写真は気に入っていて、手前の自転車のおにいさんがかわいい。自転車かわいい。



                    帽子かわいい。


                    トランクかわいい。


                    あー車、素敵。


                    あー、すてっき勘弁して。


                    あー、木陰やめて。




                    電車の音まで聴こえてきそうだから、この写真すきです。




























                    カーテンとシャツ

                    0




                      冬に思いたって隣の部屋に越したのに、まだカーテンてものがついていない。

                      今日は風が気持ちよくて、むしろ開けられない窓の存在は鬱陶しくなってきて、カーテンの代わりに白いシャツをかけた。



                      気持ちよくなった。


                      ので、もう一枚かけた。





                      カーテンはもう要らないんじゃないかと思った。












                      2355

                      0
                        Image0771.jpg

                        うぇーん!かっこぅいい!!



                        黒い車輪と椅子、て組み合わせだけでも格好いいのに、さらにこの装置が椅子を持ち上げてきちんと元に戻す(移動したかな?)ことができるなんて…!


                        すごい装置、誰が作ったのかな。

                        これを永遠にみたい
                        連続でずっと流れていても、大画面の前できっと動かない。


                        NHKの「2355」に気付いたのは最近です。寝る前のゆる〜ぅい番組で、5分というのが調度いいのだな、と昨日スペシアルを20分間見ておもいました。


                        重箱の隅兄弟のうたかわいかったー

                        靴下むしろお洒落!
                        ぴよんこ足の出し方がかわいい!




                        今日はなにかな。







                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM